«前の日記(2021-01-06) 最新 編集

退役GGEの「チラシの裏」

2011|01|02|10|
2019|09|
2020|09|11|12|
2021|01|

2021-01-16

_ Windows10起動ドライブをMBR形式からGPT・UEFI形式に変更

パーティションの特定

Microsoft Windows [Version 10.0.19042.746]
(c) 2020 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\Administrator>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.610

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: PENTIUM

DISKPART> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           111 GB  1024 KB

DISKPART> select disk 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list part

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    プライマリ              350 MB  1024 KB
  Partition 2    プライマリ              111 GB   351 MB

DISKPART> select part 2

パーティション 2 が選択されました。

選択したパーティションの詳細情報確認

DISKPART> detail part

パーティション 2
種類         : 07
隠し属性     : いいえ
アクティブ   : いいえ ←ココに注目
オフセット (バイト): 368050176

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
* Volume 3     C   pentium      NTFS   Partition    111 GB  正常         ブート

アクティブが「いいえ」になっているのでアクティブ化

DISKPART> active

DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

DISKPART> detail part

パーティション 2
種類         : 07
隠し属性     : いいえ
アクティブ   : はい ←ココに注目
オフセット (バイト): 368050176

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
* Volume 3     C   pentium      NTFS   Partition    111 GB  正常         ブート

DISKPART>

再起動と修復ディスクによる修復

再起動すると、起動に失敗するので、修復ディスクで修復。その後、また再起動。動作確認のために再起動したが、再起動せずに以下を実行すれば修復ディスクの出番は不要だったのかも。

変換できるかの確認

Microsoft Windows [Version 10.0.19042.746]
(c) 2020 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\Administrator>mbr2gpt /validate /disk:0 /allowFULLOS
MBR2GPT: Attempting to validate disk 0
MBR2GPT: Retrieving layout of disk
MBR2GPT: Validating layout, disk sector size is: 512 bytes
MBR2GPT: Validation completed successfully

変換

C:\Users\Administrator> mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFULLOS


MBR2GPT will now attempt to convert disk 0.
If conversion is successful the disk can only be booted in GPT mode.
These changes cannot be undone!

MBR2GPT: Attempting to convert disk 0
MBR2GPT: Retrieving layout of disk
MBR2GPT: Validating layout, disk sector size is: 512 bytes
MBR2GPT: Trying to shrink the OS partition
MBR2GPT: Creating the EFI system partition
MBR2GPT: Installing the new boot files
MBR2GPT: Performing the layout conversion
MBR2GPT: Migrating default boot entry
MBR2GPT: Fixing drive letter mapping
MBR2GPT: Conversion completed successfully
Call WinReReapir to repair WinRE
MBR2GPT: Failed to update ReAgent.xml, please try to  manually disable and enable WinRE.
MBR2GPT: Before the new system can boot properly you need to switch the firmware to boot to UEFI mode!
C:\Users\Administrator>

変換後のパーティションを確認

C:\Users\Administrator>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.610

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: PENTIUM

DISKPART> select disk 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list part

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    プライマリ              350 MB  1024 KB
  Partition 2    プライマリ              111 GB   351 MB
  Partition 3    システム               100 MB   111 GB

DISKPART> exit

残念ながら末尾に追加されてしまった。

Windowsでの設定

再起動。BIOSのブートデバイスの起動順序を確認・設定。システムで予約済み(F:) となってしまったので、コンピューターの管理、ディスクの管理で、ドライブ文字を削除する。


«前の日記(2021-01-06) 最新 編集

© 退役GGE
2021年3月に定年退職(退役)するオッサンがお届けしております。お断り: 退役という言葉は、「役務から退くこと」の意味で用いています。軍人ではありません。